モエレ沼公園オンラインショップ|MOERE ONLINE SHOP

イサム・ノグチ 庭の芸術への旅

3,456円

購入数
抽象彫刻の泰斗イサム・ノグチ。日本人詩人・野口米次郎を父に、作家であるアメリカ人レオニー・ギルモアを母に、1904 年ロサンゼルスで生まれた彼は、終生、自らの「居場所」を探して旅をつづけた。国籍も年齢も問わず、いつでも誰でも受け入れられる場。ノグチの魂の旅を鎮めたのは「庭」であった。たとえば起伏だけでつくられた庭園。そこは場であり、風であり、身体である。図版55 点とともに21 世紀の庭の芸術に向かう旅。(出版社ウェブサイトより)

【目次】

第1章 憧れの家ー庭、この彫刻を超えるもの
第2章 影としての「ヒロシマ」ー曲線の意味するもの
第3章 孤独なモダンの響きあいー北鎌倉の魯山人と
第4章 マンハッタンの闇ーシュルレアリズムの背理
第5章 宇宙庭園という陶彫ー再び鎌倉
第6章 幻の北京ー生命潮流とアジア的バロック
第7章 詩人の部屋からーノグチのインテリア
第8章 三田山上ー未来人の集うアクロポリス
第9章 「どこでもない庭」の現前ー草月会館ロビー「天国」
第10章 時間の庭、未来の共感共同体ー札幌モエレ沼公園
第11章 ヴィーナスの所在ー舞踊する庭、モエレから牟礼
第12章 母への巡礼、あるいは魂の舞踊ー高松、牟礼
あとがき/イサム・ノグチ略年譜/主要参考文献

著者:新見
出版:株式会社武蔵野美術出版
発行年:2018年